建築学生必見!! Photoshopでパースを描く時の必須機能”レイヤーマスク”の使い方

こんにちは建築学生の皆さん。

この記事は建築のパースをCGで描きたいけど何をやればいいのか全くわからない人やPhotoshop初心者といった人に向けて発信しております。

かくいう私もはじめは戸惑いました。

Photoshopでパースを描こうにも何をどうしたら上手くいくのかわからない…。

自分で一から勉強しようにもどう検索していいかわからずに悩む毎日。

そんな僕のように困った経験がある学生さんたちの力になって欲しいなと思いこの記事を書いております。

その手始めに“レイヤーマスク”というものについてお話ししたいと思います。

さて、前置きが長すぎてもどうかと思うので早速本編に。



レイヤーマスクとは

レイヤーマスクとは簡単にいうと選択したもの場所だけを見せられるようにするというものです。

マスクの名の通り選択した場所を隠すというわけですね。

これのいいところは元の画像を編集する必要がなく、そのまま使えるということです。

いちいち編集して気に入らなかったらやり直し、このステップがまるまるなくなるのでぜひマスターしておきたいところです!!


はじめに

レイヤーマスクを作るというのは、イメージで説明すると画像の上にカバーを被せるようにして見える部分と見えない部分を作る操作です。

     

画像を切り抜くのではなくカバーを被せて見えなくなるので、元々の画像はそのまま残っています。

ここで覚えていて欲しいのですが、レイヤーマスクはグレースケールで構成されているということです。

白色は見える部分で、黒色は見えない部分、グレーの部分は半透明に見えるようになります。


使い方

例えばレンダリング画像の窓側の部分を外が見えるようにしたいときに、

元の画像を切り抜いてその後ろのレイヤーに背景をおいて…

とやってしまうよりかはレイヤーマスクの方がはるかに便利に背景を見せることができます。

では実際にやってみましょう。

窓の部分以外を選択して、

 

 

右下にあるレイヤーパネルのレイヤーマスクのボタンを押すと、(下の段にあるfxの右のボタンです)

            

 

このように元画像の横に吹き出しが現れましたね。

これがレイヤーマスクです。

レイヤーマスクができるとこのように

 

 

元の画像をいじることなく画像の一部を抜くことができました。

ここまで読んだ皆さんの中で『これのどこが便利なんだ?』と思うかもしれませんが、それをここで説明しましょう。

なんとこのレイヤーマスク

出し入れが自由にできます!!

 

どういうことかと言いますと、元画像を編集したわけではないので、簡単に元の画像に戻すことができるのです。

レイヤーマスクの部分をshiftキーを押しながらクリックすると

             

右図のように表示され、画像は元の状態に戻ります。

これだけではまだ納得できないみなさん、そのほかには何ができるかって?

このレイヤーマスク、

選択範囲を呼び出すときにも使えます!!

 

さっきの画像に窓を貼りたいと思ったときにどうするか?

まず青色の長方形をガラス部分が覆われるように作ります。

そのあとレイヤーマスクの部分をcommand/ctrlキーを押しながらクリックすると、

 

先ほどのレイヤーマスクで指定した部分が選択されて出てきます。

そして選択範囲を反転させてマスクを作ってやると

簡単にガラスを貼ることが可能です。

 

どうでしたか?

これを読んで少しでも役に立っていれば嬉しいなと思います。

それでは!

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 5 人中 5 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。