建築パースのマテリアルの割り振りで、テクスチャの画像をシームレスに変換する小技!

「いい感じのテクスチャみっけ〜〜」

「って、繰り返し出来ないじゃん!!!」

建築パースにマテリアルを割り振るうえで、こういう風に困る事、ありますよね…..

そこで今回は、テクスチャをシームレス(繰り返し可能なパターンのこと)に変換する方法を紹介したいと思います!



シームレスなテクスチャのメリットって?

シームレスとは、先ほども書いた通り繰り返し可能なパターンのことです。例えば、こんな風に

利点としては、大きな面積に自然にテクスチャを貼れることが挙げられます。

これによって建築パースは違和感のないものに昇華してくれるというわけです!

テクスチャなどのネット検索の際に、“seamless”と入力するとご覧の通り。

ただ、ネットに落ちているテクスチャはシームレスなものばかりではありません….


シームレステクスチャの作り方

いよいよお待ちかね、シームレス画像の作り方です。仕組みとしては、こう。

実際の手順です。

1.Photoshopなどの画像編集ツールを使い、画像を45度回転させた正方形で切り取ります。

3.コピー&ペーストで図のように増やし、レイヤーを統合します。

4.コピー&スタンプツール、ぼかしツールなどで自然に見えるように加工します。

以上で完成!!

出来上がりはこんな風になります。


シームレス変換に役立つオンラインサービス

これらの手順、慣れているとパパッとできますが、そうでないとなかなか難しいですよね…

そんなあなたに役立つオンラインサービスを紹介します!

こちらのRepper(http://repper.studioludens.com/repper.html)というサイト、なんと画像を読み込ませただけでシームレスに変換してくれる優れものです!やり方は、

①”upload image”をクリックして読み込ませるjpg画像を選択

②”save pattern”をクリックしてシームレス画像を保存

たった2ステップでシームレス画像の完成です。簡単ですね!

ただ、適しているものとそうでないものがあるのにも注意です。


いかがでしたか?シームレス画像は図面やパースなど色々なところに応用できるので、是非とも活用していきたいところですね。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 3 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。