水彩風・手書き風パースに一発変換!!超有能Photoshopアクションまとめ

こんにちは!!

突然ですが、皆さんお絵かきは得意ですか??

僕はめちゃめちゃ苦手です(泣)

絵が苦手すぎてCGで絵を描くことを覚えたのですが、でもやっぱり手書きで表現したい時ってありますよね?

今日はそんな同胞たちに朗報です!!

ワンクリックで水彩風パース・手書き風パースに変換できるアクションをまとめてみたので、是非ダウンロードして使ってください♪



アクションの使い方

まずはじめにアクションの使い方から簡単に紹介します。

1.画面上部のウィンドウタブからアクションを選択

2.開いたアクションウィンドウの右上のメニューバーから「アクションを読み込み」を選択

3.読み込んだアクションが表示されていると思うので、それを選択して下部中央の再生ボタンをクリック

以上、簡単3ステップでアクション読み込みから再生までの紹介でした!

 

最後に、今回加工を施す素材画像はこちら!

では早速いってみましょう!


水彩風その1

(https://www.webcreatorbox.com/inspiration/watercolor-web-design)

すごく柔らかなタッチの水彩テイストです。

このアクションの注意点としては、アクションを実行しても完成ではないことです!!

アクション実行後に、透明度20%程度に設定した黒色ブラシでパースをなぞってみてください。

なんとなぞった所から水彩風の絵が浮かび上がってくるんです!!全体の雰囲気を見つつ微調整してみてください♪

アクションのダウンロードはこちら→水彩風その1


水彩風その2

(https://www.imd-net.com/column/25451/)

2つ目は先ほどのものよりもう少しエッジが際立ったものですね。

最初の1つ以外は全てアクションを実行するだけで完成するので更に手軽です!

アクションのダウンロードはこちら→水彩風その2


水彩風その3

(https://helpx.adobe.com/jp/photoshop/how-to/turn-photo-into-painting.html)

逆にエッジを潰して油絵のようなテイストになるアクションです。

アクションのダウンロードはこちら→水彩風その3

 


鉛筆風その1

(https://liginc.co.jp/web/design/photoshop/50243)

今度は鉛筆画風。

アクションのダウンロードはこちら→鉛筆風その1


鉛筆風その2

(http://cubelic3.jp/illust/)

最後は色鉛筆で塗ったかのような雰囲気が出せるアクションです。

アクションのダウンロードはこちら→鉛筆風その2


まとめ

以上5つのアクションを紹介してきましたが、お気に入りのアクションはありましたか?

正直、僕は建築パースを描くにあたっては水彩風に変換するためになんのツールを使うのか、までは学ぶ必要はないんじゃないかなぁと考えています。

各アクションごとに、記載のURLから元記事はご覧いただけますが、本記事からダウンロードできるアクションをインストールしてうまく活用してもらうのが一番手っ取り早いんじゃないでしょうか?

今日紹介したアクションは、パースだけでなく図面のテイストを変換する用途にも使えると思いますので是非色々な場面で使って見てください!

(アクションがうまく機能しない>_<とかあればコメントでご指摘ください〜)

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。