ARCHICADチュートリアル!壁の設定で覚える基本的な部材の設定!

 

こんにちは!

今回はARCHICADを使う上で最も重要な、オブジェクトの設定について解説していきたいと思います

この記事はARCHICADつかいたての初心者の方にむけて発信された、チュートリアル的なものです!

またここでは特に「壁ツールの設定方法」をご紹介したいと思います!

なぜ壁ツールだけかというと、シンプルな話、壁の設定は要素が多いからです。

覚えてしまえばほかの部材(柱とか梁とか)の設定も覚えていくのがずいぶん楽になります。

あとツールの設定全部説明してしまうと、結局辞典を読むみたいになって効率的でない気がしますので、、

それでは、画面左端から壁ツールをダブルクリックして、「壁のデフォルト設定」というバーを出現させましょう



壁の高さ

まず、端的にいえば壁の高さは上の画像の黄色いマーカーが入った部分の三つで操作できます

この章では最終的にそれを説明していきます

が、その前に前提として説明せんといかんことが多いので、先に整理しておきます

配置フロア、壁上部

まず、「配置フロア」という項があると思います。これは作りたい壁をどこにおくのか選べます

…あれ、そもそも1階とか2階のレベルはどうやって決めるんでしたっけ?

これは画面右のバーから平面図の「設定」をクリックすると操作できます

今、1階は、階高500~3000mmで設定されています。

上の画像と照らし合わせてみましょう!

配置フロア1FLに沿って、基準レベル500と一致しています

また「壁上部」という項は、壁の上端がどこに接するかを選択できます。

つまり今、壁は1階床から2階壁を支える設定となってます

高さを変える

前置きが長くなったんですが高さを変えるための話に戻ります

これら三つの値は画像にでてくる図の3つの矢印(↓ ↕ ↑)と対応しています!

また濃く塗られた部分は床と天井なわけです。これは感覚的に伝わってくれるでしょう。

つまり

上が、”壁上端と天井の距離”  …0と入力したら1階の壁の上端は天井に設置し、また-200と入力すれば天井から200mmだけ下に上端がきます

真ん中で”壁の高さ”      …最も自由に入力できます。ただしこれは「壁上部」の項が「リンクなし」と選択されているときのみ操作できます

下が”壁下端と天井の距離”   …つまり壁がどれだけ浮くか、あるいは沈むかです

 

かなり説明ながくなってしまいました

壁の角度

傾斜のある壁を作ります。マーカー部分をクリックし、右で角度を入力できます

 

いくつか壁を作ってみました。

北から南へクリックして壁をつくるときと、南から北のときで傾斜が反転します

画面上部に「図形作成法」という項があります。これを選ぶことで、平面図での作図方法を変更できます。

(例えば部屋を作るときに、壁を一個一個作っていくよりも長方形でまるごとくくったり? などです!)

一番右の項を長押しすると新たなバーがでます。ここで右から2つ目を選んでみましょう!

この項では、長方形で部屋をつくることを前提とした作図ができます!

 

傾斜をつけた設定だとこのように

お椀のような立体を作れます!!

また壁の傾斜は、先ほどの「壁傾斜」の3項のうち一番右をえらべば、片方の面だけでなく左右両方を操作できます。

画像は、左右両方とも80度の傾斜になるよう入力したものです!

素材を変える

まずバー右上では構造材を選べます。今これはコンクリートが選択されています。

また画面下の「モデル」→「材質上書き」をクリックしてオンにしまてみましょう。ここでは部材表面の材質を選択できます!

選択の幅めっちゃひろいです!!!

ためしにすべての面を「レンガ古」で設定してみました。

平面図を見てみます。ちゃんと構造はコンクリになってくれていますね!!

 

締め

というわけで2週連続でアーキのチュートリアル的な記事をお送りしました!

http://study.the-pers.com/2018/06/17/archicad初級!スラブ&壁の変形方法xy方向の変形/

http://study.the-pers.com/2018/06/18/archicad中級!鉛直方向に変形した壁をつくるxzyz方向の/

↑先週

今回の記事含め、これらは筆者が使い初めの段階で一番苦戦してた部分でした。

人それぞれ躓くポイントは違うと思いますから、わからない所をコメントいただければまた記事にします

おまちしてます!

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。