Photoshopで簡単!境界線を調整して複雑な領域をキレイに切り取る方法

こんにちは!今回は、境界線を調整する方法についてご説明します!

これまで、画像検索を工夫して切り取り済みのpngデータを得る方法を書いた記事役立つ添景をまとめた記事はありましたが、どうしても目当てのデータが見つからないこともありますよね。

そこで今回は、jpgなどの画像ファイルから任意の部分だけをキレイに切り取る方法をご紹介します!これによって、例えば下のような写真から人の髪の毛の部分などの複雑な輪郭線を正確に選択して切り取ることができるようになります!

このテクニックは建築パースに樹木などを合成する際にも使える汎用性の高いものとなっています!それでは見ていきましょう!

今回はこちらの画像の樹木の切り取りを行います!先端が複雑で、ところどころ背景が見える部分もあり、難しそうですね。。。

 

オブジェクトの選択

クイック選択ツールを使い、選択範囲を作成します。ここでは樹木の輪郭に合わせてドラッグして選択します。この時点では樹木の葉先などの細かい部分はある程度ざっくりで構いません。

境界線を調整

次に選択範囲 → 境界線を調整 を選択して、境界線を調整のダイアログを表示しましょう。

これを行うと、選択範囲が自動的に調整された状態で表示されます。今回は、よりわかりやすいように、ダイアログの表示モードでオーバーレイを選択しています。

すると上の図のように、この段階ではまだ余分な領域が存在することが分かりますね。次に、この部分を調整していきましょう。

まずダイアログのズームツールと手のひらツールを使用して、埋めたい領域を拡大します。半径調整ツールをクリックし、オプションバーの直径を設定し、塗りつぶしたい領域をドラッグして、不要な部分を埋めていく操作を繰り返していきます。

反対に、誤って選択されている部分を除きたい場合は、調整消去ツールを使って同じ操作をしていきます。

仕上げ

最後に、全体を確認して出力先に新規レイヤー(レイヤーマスクあり)を選択して完了です!

出力した際にエッジに背景色が残っている場合は、出力項目の「不要なカラーの除去」を選択しましょう。しかしこの方法は効果的ですが、画像のピクセル自体を操作するため、選択範囲・レイヤーマスクを選択することができなくなります。
また、別の手段として作成したレイヤーのマッティングから不要なカラーの除去を行うという方法もあります。

まとめ

今回は樹木の境界線を調整する方法について紹介しました!今回の方法でキレイに選択できない場合であっても、アルファチャンネルを使用したテクニックなどで対応できるかもしれません!ぜひ一度お試しください!
それでは!

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。