Lumionによるリアルタイムレンダリングで設計しよう

こんにちは。

以前にあげていたこちらの記事で一度だけ触れたことのあるLumionというレンダリングソフト、覚えておいででしょうか?

圧倒的に高精細なレンダリングのみでなく、添景の数も豊富でな万能ソフトです(いずれご紹介します)が、このソフト、プレゼン用のパースを作成するときの使用のみならず、設計案のスタディ時にもすごく便利です。

というのも、CADソフトのプラグインとしてモデリングとリアルタイムで連動させることができる

のです。

これには専用のアドオンが必要となり、下記にまとめてあります。

 

アドオン

現在対応しているCADソフトとそのアドオンのダウンロードリンクです↓

ARCHICADアドオン

Rhinocerosアドオン

Revitアドオン

SketchUpアドオン

 

 

ARCHICADでの連動方法

上記では4つのライブシンク・アドオンをご紹介しました。

つぎに、ここで実際にARCHICADでのライブシンク開始の手順について解説していこうと思います

①上のリンクからアドオンをダウンロードし、解凍します

②ARCHICADを開き、オプション→アドオンマネージャ を選択

③ 画像の③の項から「追加」→解凍してあるアドオンを選択

④ すると④の欄にLiveSync_for_Lumionの項がでるので、そこにチェックを入れます。

OKをおしてアドオンマネージャを閉じるとARCHICADが再起動に入ります。

再起動後のARCHICADです。画面上部のバーにLiveSyncという項ができているので、Start LiveSyncを選択。

これで両ソフトが連動します。CADでモデリングしてLumionでマテリアルやスケール感を把握できれば、すごく効率が上がると思われます。

ちなみに、LiveSyncをするときはデュアルモニターでの操作が非常におすすめです。

それではまた!