Lumionによるリアルタイムレンダリング!

こんにちは。

以前にあげていた、

こちらの記事で一度だけ触れたことのあるLumionというレンダリングソフト、覚えておいででしょうか?

圧倒的に高精細なレンダリングのみでなく、添景の数も豊富でな万能ソフトですが、このソフト、プレゼン用のパースを作成するときの使用のみならず、設計案のスタディ時にもすごく便利です。

というのも、

CADソフトのモデリングとリアルタイムで連動させることができる

のです。

これには専用のアドオンが必要となり、下記にまとめてあります。



アドオン

現在対応しているCADソフトとそのアドオンのダウンロードリンクです↓

ARCHICADアドオン

Rhinocerosアドオン

Revitアドオン

SketchUpアドオン

 

ARCHICADでの連動方法

上記では4つのライブシンク・アドオンをご紹介しました。

つぎに、ここで実際にARCHICADでのライブシンク開始の手順について解説していこうと思います。

①上のリンクからアドオンをダウンロードし、解凍します。

②ARCHICADを開き、オプション→アドオンマネージャを選択。

③画像の③の部分から「追加」→解凍してあるアドオンを選択

④すると④の欄にLiveSync_for_Lumionの項がでるので、そこにチェックを入れます。

OKをおしてアドオンマネージャを閉じるとARCHICADが再起動に入ります。

再起動後のARCHICADです。画面上部のバーにLiveSyncという項ができているので、Start LiveSyncを選択。

これで両ソフトが連動します。CADでモデリングしてLumionでマテリアルやスケール感を把握できるので、よりリアルなシミュレーションをしながら設計が進められますね!

ちなみに、LiveSyncをするときはデュアルモニターでの操作が非常におすすめです。

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です