Design Review2019 -繋花-

毎年福岡で開催されている卒業設計展『デザインレビュー』をご存知でしょうか?

今この記事を書いている私と同い年、今年で24回目の開催となる歴史ある卒業設計展です。

デザインレビュー2019の開催を目前に控えたタイミングで、そんなデザインレビューの魅力に迫っていきたいと思います!



コンセプト

今年の大会テーマは、、

 

 

“繋花”

 

 

以下は公式HP(https://fukuoka-designreview.com/index.html)からの抜粋です。

私たちが持つそれぞれ個人の価値観は、それまで過ごした周りの環境や関わってきた人々、手に取った本など、さまざまなものに影響され形成されています。

デザインレビューを通じて、出展者やクリティーク、実行委員、観覧者が、作品の良し悪しだけでなく、その価値観を語り合うことで、互いに刺激を受け、新たな価値観やアイデアの蕾が生まれていき、デザインレビューという場をきっかけに、これらの蕾が花開き、更には繋がっていくことでより良いものになっていくでしょう。

 

私たちは今までの人生を通じて皆それぞれの価値観を築き上げてきているはずです。

デザインレビューを通じて、その価値観がぶつかり合い、刺激し合い、新たな価値観やアイデアの蕾が生まれていく。

デザインレビューを経て、そうしたアイデアの蕾が花開き、また新たに繋がっていく、そんな願いを込めたコンセプトなんですね。。

ん〜〜、深い。。

 

自分の価値観をさらけ出しぶつかり合い、本気で議論ができる場

それがデザインレビュー2019なんです!!

 

魅力

そんなデザインレビュー2019の魅力を見ていきましょう。

審査員

光嶋裕介

建築家

光嶋裕介建築設計事務所

神戸大学客員准教授

https://www.ykas.jp/

(Photo by SHUHEI NEZU)

 

島田陽

建築家

タトアーキテクツ

京都造形芸術大学客員教授

https://tat-o.com/

 

 

土居義岳

歴史家・批評家

九州大学芸術工学研究院教授

 

 

 

 

 

藤村龍至

建築家

RFA

東京藝術大学准教授

https://ryujifujimura.jp/

(Photo by Kenshu Shintsubo)

 

竹山聖

建築家

設計組織アモルフ

京都大学教授

https://www.amorphe.jp/

(Photo by 相川健一)

会場

出典:https://teriha.net/

会場は、この自然と一体化しているなんとも言えないフォルムをしている建築。

“ぐりんぐりん”

世界的建築家である伊東豊雄氏が福岡、博多のアイランドシティ中央公園に設計した名作です。

一度は訪れてみたいこの名建築を見るなら、デザインレビューが開催されている3月8-9日しかないのでは!?

 

スケジュール

応募

デザインレビューに出展したい学生の皆さんはこちら厳守です!(笑)

予選登録:2/5の24:00まで

ポートフォリオ提出:2/19の16:00まで

予選登録は→予選登録フォーム

応募要項は→応募要項

 

※注意!!

応募要項にもあるように、デザインレビューは予選と本選が分かれています!

2/19までに提出されたポートフォリオにより予選審査が行われ、選ばれた作品だけが本選へと駒を進めることが出来ます。

展示期間

公開審査については、先に述べたように

3月8-9日

となっております。

プログラムの詳細についてはまだ発表されていないので、引き続き情報をチェックしていきたいと思います!(情報更新はLine@からもお知らせしているので、ご興味あれば友達追加を!)

 

春休みを利用して九州の建築巡りを考えている建築学生の皆さん、せっかくならデザインレビューを旅のメインイベントに据えてみてはいかがでしょうか??

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です