Photoshop基本編③ 選択範囲の保存・呼び出し方法

Photoshop基本編その③です。

今回はPhotoshop基本編②の内容の続きとして、選択範囲の保存と呼び出し方をご紹介したいと思います

また近い範囲の内容としてこちらの記事ではマスクに関してもご紹介しております。これも基本的な内容であり、Photoshopの扱いを体系的に理解するのに必ず必要になる項目ですのでご覧いただければと思います。


 

Photoshopでは基本的に、選択範囲内に関してのみ色調の変化やフィルターをかけていくこととなります(なにも選択していない場合は色調補正やフィルターはレイヤー全体にかかります)

例 選択した範囲に「ノイズ」フィルターをかける

よって、一度選択した範囲は何度も使う場合が多く(フィルターのかけなおしや色調の編集しなおしをするときなど)、選択範囲の保存、呼び出しが不可欠になります。

そこで今回はそのようなときにつかう機能をご紹介しようと思います。

まず任意の選択範囲をきめ、画像右下の箇所(レイヤーパネルを開いている状態でタブをチャンネルに切り替えてください)をクリックします。すると「アルファチャンネル」なるチャンネルがあらわれ、ここに選択範囲が保存されます。

 

チャンネルに格納された選択範囲は、各アルファチャンネルのCtrl+クリックにより呼び出し、編集もできます。

またアルファチャンネルはいくつでもつくれ、またCtrl+Shift+クリックにより複数選択が可能です

 

 

 

 

以上です。今回は短めの記事でしたがとても重要なことですので是非マスターしていってください!

ちなみにこの建築はスイスのヴァレリオ・オルジアティによるものでした(かっこいい)。興味があればぜひ!!笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です