テクスチャ画像をシームレスに変換する小技!

「いい感じのテクスチャ見つけた!」

「って、繰り返し出来ないじゃん!!!」

建築パースにマテリアルを割り当てていくうえで、こういう風に困る事、ありますよね…..

そこで今回は、テクスチャをシームレス(繰り返し可能なパターンのこと)に変換する方法を紹介したいと思います!



シームレスなテクスチャのメリットって?

シームレスとは、先ほども書いた通り繰り返し可能なパターンのことです。例えば、こんな風に

利点としては、大きな面積に自然にテクスチャを貼れることが挙げられます。

これによって建築パースは違和感のないものに昇華してくれるというわけです!

テクスチャなどのネット検索の際に、“seamless”と入力するとご覧の通り。

ただ、ネットに落ちているテクスチャはシームレスなものばかりではありません….


シームレステクスチャの作り方

いよいよお待ちかね、シームレス画像の作り方です。仕組みとしては、こう。

実際の手順です。

1.Photoshopなどの画像編集ツールを使い、画像を45度回転させた正方形で切り取ります。

3.コピー&ペーストで図のように増やし、レイヤーを統合します。

4.コピー&スタンプツール、ぼかしツールなどで自然に見えるように加工します。

以上で完成!!

出来上がりはこんな風になります。


シームレス変換に役立つオンラインサービス

これらの手順、慣れているとパパッとできますが、そうでないとなかなか難しいですよね…

そんなあなたに役立つオンラインサービスを紹介します!

こちらのRepperというサイト、なんと画像を読み込ませただけでシームレスに変換してくれる優れものです!

有料ソフトではあるのですが、HPからfree DEMOに飛ぶと触ってみることができます!

以下、簡単な操作方法です。

画面左上に色々とメニューが出てますね。

拡大!

左から順に

  1. source image(元画像データの読み込み)
  2. selection(繰り返しパターンのサンプル範囲の指定)
  3. tiling(繰り返しのルール設定)
  4. colors(色味調整)
  5. export(出力)

革命的に使いやすそう。。

$45→$29

日本円で¥3,000ちょっとなので、飲み会を1回我慢したら買えてしまう…!!

私が飲み会を我慢できたらもう少し詳しくこのRepperについて紹介する記事を書くので、楽しみにしていてください!(記事が上がらなかった時は察してください…)


いかがでしたか?シームレス画像は図面やパースなど色々なところに応用できるので、是非とも活用していきたいところですね。

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です